赤ちゃん アトピー

赤ちゃん アトピー

 

生後数ヶ月から現れる、皮膚の湿疹、ただれといった赤ちゃんのアトピー症状ですが、原因は一体何でしょうか。
どうしたらアトピーは改善するのか、アトピーの赤ちゃんにはどういったケアが効果的なのでしょうか。


赤ちゃんのアトピーと関係の深い、ヒトの免疫システム

赤ちゃんのアトピーは、早い子では生後2,3ヶ月頃から始まり、1歳から2歳頃にはほとんどの症状は自然に治癒したり改善していきます。
じくじくした症状から、かさかさと乾燥肌のような症状、皮膚がかさぶたのように分厚くなった症状など様々ですが、よく現れる部位は顔、頭、耳などを中心としていて、体はひじや足首など肉付きが良い部分になります。

 

赤ちゃんのアトピーの原因と考えられているものに、ヒトの免疫が関係しているとされています。
ヒトの免疫にはTh1とTh2の2種類あり、Th1は外部から侵入した細菌から体を守ります。Th2はアレルゲンに関係していて、2つの免疫バランスが取れているといいのですが、赤ちゃんの場合はTh2が強い状態のままになっていることでアトピーが発症するとされています。
このTh2が成長と共に弱まっていくことによってアトピーは改善していきますので、心配しすぎず、赤ちゃんのアトピーと上手く付き合っていくことが大切になります。

アトピーの赤ちゃんの沐浴は、優しく洗って清潔キープ

肌がアトピーでじくじくとただれていると沐浴していいのか不安になってしまいますが、肌を清潔に保つことは悪化させないためにも大切なことです。
大人よりずっと新陳代謝が活発ですので季節関係なく汗をかいていますし、汗をかいたまま放置しておくことは皮膚の刺激にもなりますので沐浴をして、清潔に保ちます。

 

アトピーの赤ちゃんは肌がデリケートになっていますので、洗う時は手やガーゼを使って優しく洗います。ベビーソープは皮脂を落としてしまいますので、洗いすぎには注意です。あまりお肌の状態が良くない時は、40℃以下の熱過ぎないお湯でさっと洗うだけでも十分です。

 

沐浴する時は塩素の濃度が濃くなっている一番風呂ではなくて、沐浴させる人が入った後のお湯や粉末のビタミンCで塩素を中和させた後のお湯だと肌の刺激も抑えることができます。長湯すると肌の表面温度が上がってかゆみが生じることもありますので、大人に合わせて長時間入浴するのではなくて、赤ちゃんだけ先にお風呂からあげるようにします。

赤ちゃんのアトピー対策には日頃から保湿が肝心

アトピーの赤ちゃんのお肌のケアで大切なことは、しっかり保湿をすることです。
健康な肌にはバリア機能がありますので、外的刺激から肌を守ることができます。紫外線だけではなく、日常的な摩擦刺激や細菌の侵入などからもバリア機能が上手く働くことで守ることができるのです。ですがアトピーの場合はこのバリア機能が不完全な状態のため、外的刺激から肌を守ることが出来ず、健康な肌よりもダメージを受けやすいのです。

 

日中でもかさつきが気になった時、オムツ換えの後など、入浴後は特に肌の中が水分不足になっていますので、できるだけ早く保湿して下さい。
目安は、かさついている肌が手で触ってしっとりとしていることが感じられるまで、そして水分だけではなくて油分も必要です。水分が足りずかゆみが生じるとアトピーが悪化する原因にもなります。
保湿剤は、ベビーローションやワセリン赤ちゃんのお肌に向いています。赤ちゃん用は低刺激で肌に必要なセラミドを配合している商品が多くあります。
大人用は美容成分など赤ちゃんには不要な成分が入っていることが多いので避けてください。

焦らない、赤ちゃんのアトピーと上手に付き合って乗り切ろう

赤ちゃんのお肌は大人と比べてもまだまだ薄く、アトピーではなくても刺激に対してバリアが低い状態です。
赤ちゃんのアトピーは時間が必要になりますので、気長に付き合っていくしかありません。
良くなったり悪くなったりを繰り返すことでお母さんもストレスを感じることがありますが、赤ちゃんの肌を思ったケアを根気良く続けていくことで、アトピーの症状は改善していきます。
丁寧な沐浴と、日頃の保湿ケアを怠らず、ゆっくりとアトピーと付き合っていきましょう。