赤ちゃん アトピー 石鹸 使わない

アトピーの赤ちゃんに石鹸を使わない方がいい理由

アトピーとは皮膚のバリア機能が失われ、そこにアレルギーの元となるアレルゲンが入り込むことで体が反応をして発症します。
皮膚のバリア機能が失われる原因はご家族にアレルギーの病気を持っている人などがいれば遺伝で肌が生まれつき弱いこともあります。それ以外にも汚れを落としているつもりでバリア機能に必要な油分や水分を石鹸で落としてしまっていることもあるようです。
特に赤ちゃんの場合は皮膚が未熟で大人に比べて皮脂膜が薄く、バリア機能が失われやすい状態にあります。そこに洗浄成分が強い石鹸を使うことで皮脂はますますなくなりバリア機能を保てなくなるのです。バリア機能を保てなくなった肌は外部からのアレルゲンの侵入を許してしまうばかりか、もともと肌に存在するセラミドや水分が流れ出てしまいます。
市販されている商品の中には残念ながら赤ちゃん用や低刺激をうたっているものでも、裏の成分表をよく見てみるといろんな化学成分が入っていることがあります。アトピー専用の石鹸などもありますが、赤ちゃんの皮脂や汚れは大人のように頑固ではないのでお湯だけでもかなり落とせます。
夏は汗をたくさんかくのでほおっておくとあせもになってしまうこともありますし、毎日汗を流してあげたいですが石鹸を使うたびに皮脂や皮膚のバリア機能を壊してしまっていると考えると毎日は使わず2~3日おきにしか使わない、秋冬であれば空気が乾燥するので気になるとき以外はお湯だけで洗うなど赤ちゃんのお肌の状態と相談しながら変えてみるのもいいかもしれません。